カテゴリ

大きいサイズの女性用の喪服

身長の高い女性の場合、喪服を買おうと思っても自分のサイズにあったものが見つからないこともあります。大体はSMLの三サイズで販売されていますが、Lよりももっと大きなサイズでなければはいらない方も中にはいらっしゃいます。

無理に小さなものを着用しますとみっともなくなりますのでどうすればいいのでしょうか。デパートなどに行きますとクイーンサイズの専門店などがありますのでそちらのほうから大きいサイズの喪服を買うことができます。たくさんのブランドの女性用の喪服がたくさンそろっていますしすべてが大きなサイズですので必ず自分にぴったりなものが見つかります。

そのほかにもネットなどでも大きなサイズの専門店などがあり、こちらのほうから購入することができるのです。しかしそれでもどうしても自分にあったサイズのものが見つからなかったときにはどうすればいいのでしょうか。この場合にはオーダーして作ってもらうという方法もあります。

身長は大人になりますと変わらないものですのであらかじめ作ってもらうのも方法です。逆に体の小さな女性の場合にはスモールサイズのものもデパートで販売されていますのでそちらのほうから探してみてください。

【妊娠中の女性のマタニティ喪服について】
妊娠中に不幸があった場合、マタニティの喪服を用意すべきかどうか非常に迷うところです。おそらく妊娠中にそう何回も不幸が重なることもないでしょうから、用意してもそれを使用するのは一度きりになってしまう可能性が高いことや、買っておいても「わざわざ準備していたの?」など余計な嫌味を言われたらどうしようという心配などから、あれこれ悩む妊娠中の女性は意外に多いものです。

結論からいうと、基本的には、妊娠中の女性は無理に喪服や礼服を着用しなくても大丈夫です。派手でない色のマタニティ服を着用し、上に黒系のカーディガンなどを羽織る程度で問題ありません。派手なメイクは控え、髪はまとめたりアクセサリーは地味めにするなど、洋服以外の部分は通常のお葬式のマナーと同じにしていれば良いのです。

おそらくマタニティを着用しなければならない時期というとすでに妊娠後期でしょうから、周囲の方も見た目から事情を察し、理解してくれることの方が多いでしょう。ただ、妊娠は喜ばしいことですが、周囲は故人の喪に服し悲しんでいる場ですので、妊娠しています!というアピールはせず、控えめに。周囲に必要以上に気を遣わせないようにするのが好ましいでしょう。

 


Copyright (C) 喪服にまつわる女性としてのマナー All Rights Reserved.